トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科治療とは?

矯正歯科治療とは?

矯正歯科治療とは?

欧米諸国と比べ、日本の矯正歯科治療の現状は、まだまだ一般社会に浸透しているとはいえません。そのために、歯に装着する装置は「なるべく目立たない物を」という需要が多いのです。矯正歯科治療を受けていることを知られたくない、見られたくない、と思う人が多く、これは矯正歯科治療を"審美""美容"と混同して考えられる方がいるためではないでしょうか。

視力矯正のために眼鏡やコンタクトレンズを装着することに抵抗がある人は、現代ではそれ程いないのではないでしょうか。矯正歯科治療も同じことです。眼鏡やコンタクトがブラケットやワイヤーだと思ってください。視力矯正--歯列矯正、言い方を変えれば我々矯正医が行なっていることは「歯力矯正」ですね。

歯並びを良い状態にしていく矯正歯科治療は、審美、美容を主たる目的としているのではなく、咀嚼、咬合、いわゆる"正しい噛み合わせに導くこと"が第1の目的です。当然、審美、美容も配慮して治療計画は立てられます。日本歯科医師会が掲げている、80歳で20本の歯を残そうという『8020運動』(ハチマルニーマル運動)を実現するために、さらに"8024""8028"となれることを目指していくことが我々矯正歯科医の役割と考えております。

大人の矯正ガイド

矯正歯科治療で美しい顔になれる?
Eライン矯正歯科治療によって歯並びが整うと、横顔のラインも変わります。E-ライン(エステティック・ライン)という鼻の先端とあごの先端に接する線に唇を近づけることによって美しくなります。

東洋人の骨格では、このラインに上の口唇が接し、下唇がやや出ている状態が美しいとされています。ですから、矯正治療を行うと、歯並びだけではなく口元もすっきりし、表情も華やかになるのです。

大人になってからでも矯正歯科治療はできますか?
「歯科矯正は大人になってしまうとできない」そう思っている方はいませんか?いえいえ、矯正歯科治療に年齢制限はありません。歯周病などでグラグラになっていない限り、歯がありさえすれば何歳でも矯正歯科治療はスタートできます。

ただし、悪い噛み合わせを何十年も放置していた結果、治療が困難になってしまう場合もありますので、できるだけ早く治療を開始することをお勧めいたします。

ここ数年ではオシャレや美容に気を使う女性はもちろん、ビジネスチャンスをつかむため、ビジネスマンの男性の間でも矯正歯科治療が定着しつつあります。

子どもの矯正ガイド

子どもの矯正ガイド子どもの矯正を始めるタイミングとは?
一般的には6歳から7歳、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期に、あごの変形が強いケースなどでは幼児のうちに一度ご来院をお勧めしています。お子さんの口もとが気になるのでしたら、何らかの対策を講じた方が良いと言えるでしょう。

とはいえ、顔が一人ひとり異なるように、歯やあご、そして心の成長はお子さまによって千差万別です。早い時期に矯正を始めたほうが良いお子さんもいれば、しばらく成長を待ってから始めたほうが良いお子さんもいます。

ただひとつ言えることは、骨格の不調和をそのままにしておくと、5年後・10年後には不調和がさらに大きくなってしまい、その結果、矯正歯科治療も難しくなってしまう場合があります。もし、お子さんの歯並びが気になるようでしたら、なるべく早めに矯正専門医院を訪ねてみることをお勧めいたします。

子どもの頃から矯正歯科治療を始めるメリットを教えてください
永久歯が生えるスペースが足りない場合、奥歯を後ろに移動させたり、あごの横や前への成長を促すことによりスペースができることがあります。早期治療により将来的に永久歯を抜歯せずに本格矯正(ワイヤーによる矯正)ができる可能性が高くなります。

また、早期に治療を始めることで、固定式装置を付ける期間が短くなることもあります。あごの成長をコントロールしたり、永久歯を正しい位置に生えるように導くことにより永久歯列になってからおこなう本格矯正が簡単で期間が短くなったり、必要なくなる場合があります。

早期治療の症例を見る

子どもの矯正ガイド子どもの治療の流れについて教えてください
子どもの矯正の場合、はじめからワイヤーの装置を付けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は大きく分けて、2つのステップに分かれます。

●ステップ1/第1期治療(学童期)
この時期は、成長とともに状態を悪化させる要因を取り除き、その後の成長発育ができるだけバランスのとれたものになるように軌道修正をする期間をいいます。本人の成長力を引き出すことで、大きな効果が期待でき、幅広い治療が可能な時期です。第1期治療がうまくいくと第2期治療では永久歯を抜かずに治療ができる可能性がグッと高くなります。

また、ケースによっては第2期治療が不要になることも考えられます。

●ステップ2/第2期治療(中学生以降)
大人の矯正と同じになります。上下すべての歯にブラケットを装着し全体の噛み合わせを改善し、仕上げる治療となります。
第1期治療でかなり良い結果が得られれば、部分的に治せば良い場合もあります。

※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなる場合もあります。

関連ページリンク

arrow当院が選ばれる理由
院長のこだわり抜歯について痛みの少ない治療目立ちにくい矯正治療
小児矯正で使用する装置治療の期間・流れ矯正中の虫歯予防矯正歯科治療とは?
安心の料金体系あなたはどのタイプ?症例集よくあるご質問
医療費控除についてリンク

arrow院長紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間スタッフ募集プライバシーポリシー

初回初診料は無料です

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科治療とは?


コールバック予約